E31易経を読む-29〔57〕巽為風・柔軟な風〔58〕兌為沢・語り合い和合する

57〕巽為風(そんいふう)110.110そよ風のように柔順、柔軟に。

「巽」は「風」で、巽為風は風が二つ重なる卦。巽は巳と共にあると書くように、仲の良い夫婦のように、心が通じ合う人と人の関係にも通じます。

そよ風は優しく枝葉をそよがせ、人のほほを撫でて吹く心地よい風です。人なら謙遜の姿に例えられるでしょう。

物に当たっても柔軟によけて吹き過ぎる風は、争うことなく物事を柔軟に采配する優れた指導者の姿です。このような人に従っていくなら、行く先は順調に開けていくのだと説いています。
心地良いそよ風の吹く巽が示す南東は、順調に進展し活気を生むとされ、商売人に好まれる方位です。

優しく平等に接する優れた指導者には、皆喜んで従う一見平和な状況です。でも内部に女同士の妬みや嫉みのような揉め事が生まれることを、互卦の火沢暌(かたくけい)が警告します。

柔順なそよ風は、一変して屋根を吹き飛ばすような強い突風・大風にもなります。
兄嫁と小姑の勢力争いのような身内のいざこざが、進展の足を引っ張るような状況ではとても大事業はできないでしょう。内部の安定はとても重要です。

そこで賢人は、常に謙虚に事を行い、何ごとにも冷静に、慌てず恐れず、和合と親睦を心がけるのです。

 

58〕兌為沢(だいたく)011.011誠実に語りあい親しみ和合する。

「兌」は「説」であり「悦」を示します。言葉で語り合うことは心が喜び、親しみ和合することにつながります。沢は少女を表しますが、二人の少女が楽しそうに語り合う様子は、見ている者も思わず微笑んでしまうように心が和むものです。

人は、悦び、楽しく暮らすことがとても大切で、正しく事を行い、自然な悦びの心を貫き保つことは天命に適い、やがて人と人の心が通い合い、皆悦び、親しく和合するだろうと説いています。

「沢」はまた言語の力を示し、言葉は人と人をつなぐ潤滑油です。でも誠意や誠実な心がなければ、その言葉は逆に不信と不和を招くことにもなります。言葉はもろ刃の剣になるものです。

互卦の風火家人(ふうかかじん)は、心から信じ、親しみ、寄り添い合える家族の象形です。このような家族は強い味方であり、外敵に対しての強い守りの力となるでしょう。家人は家族であり、切磋琢磨して結ばれた同志でもあります。

悦び楽しみ集う状況が永遠に続くことはなくても、心を一つにして支え合える家族や同志がいれば、艱難辛苦をじっと耐えていく力となり、現状を守るために無欲無心の強い心が生まれるのです。

そのような同志ともいえる関係は、共に学び鍛えあい、向上を目指す中で生まれるのだと説きます。

そこで賢人は友と集い語り合い、共に志を立て、向上するために真剣に学び心を磨きあうのです。

 

〔解説〕

巽為風(そんいふう)と兌為沢(だいたく)は、真の和合の道へ導く指導者の資質と共に、心が通じ合う、真の同志・家族の大切さを説いています。

また人が和合するために言葉の力は大変重要で、また逆に人を傷つけ不和を招くこともあり、言葉はもろ刃の剣でもあります。

柔軟な風は、争いを嫌う謙虚で公平な指導者の姿であり、そのような人の導く未来は、人々が悦び、親しみ、語り合って和合する、美しい社会となるでしょう。そのような人と人が心を通じ合い、信頼し合うために、語り合う言葉の力はとても大切です。しかし、その言葉に誠意誠実や真実の思いがなければ、逆に不信や不和を招く力ともなります。

また真に信頼し合う関係は、真剣に学び、誠実に語り合い、様々に切磋琢磨する中で生まれ、それはどんな時も支え合う、強い信頼のきずなで結ばれた家族と重なります。

兌為沢の賢人の言葉の原文訳は「君子以て朋友講習す」で、今は当たり前に使われている「講習」という言葉の語源です。

「講習」とは、友と集い、学び、心を磨き、切磋琢磨して、共に向上を目指すことで、そこに真の友・家族ともいえる心が育っていくのですね。

遊び友達も悪くはないですが、楽しい時だけの友達では、艱難辛苦の時に、守り支え合うことは期待できないでしょう。

若い方たちには、真剣に語り合い、鍛え学びあって、良き友情を育んでほしいと心から思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です