2017年12月15日に啓山易学の本が出版されます。

ご挨拶文書    ⇦ここをクリックしてください。このたびの本の内容をご覧いただけます。

『易でよみとく才能と人生」…自分だけの「生命の木」の育て方…
<目次>
序章  この本の使い方
第一章 干支と易でよみとく自分だけの「生命の木」の育て方
1.干支数に宿る易のことば
2.種子の名前は天性・六曜星
3.日の干支数(日数)は種子から伸びる根の性質
4.年の干支数(年数)は根につながる幹の性質
5.月の干支数(月数)は樹木の外観となる枝の性質
第二章 啓山易学とは

新たな易の考え方による啓山易学の初めての本です。自分だけの詳細な性質の見方を、一本の木に例えて表しています。たった一つの「生命の木」の種子や根や幹、そして枝にはどんな花が咲き実が付くのでしょうか?

折に触れ、必要なところを読んでいただけるよう、マニュアル化していますので、長く傍らに置いてご利用いただける内容となっています。

啓山易学の考え方は第二章に理論編にまとめていますので、お読みいただけるとうれしいです。

松山怜佳

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です